ノロウイルスの感染

MENU

ノロウイルスの感染について

ノロウイルスの感染被害が多く報告されるのは冬季で、毎年冬になると大規模な集団感染が発生したというニュースが連日のように流れてきます。

 

ウイルスと混同されることが多い細菌類は夏場に多く感染症が拡大することが多いのですが、かたやウイルス性感染症の多くは乾燥の強い冬場に多く発生するのが特徴です。

 

ノロウイルスが幼稚園や小学校で集団感染するのは、大体、秋の終わりから冬場に集中します。

 

冬場にノロウイルスによる食中毒が多く発生するのは、冬期に食用の生牡蠣が多く出回るからです。ノロウイルスの感染源となる代表が二枚貝です。

 

ノロウイルスによる食中毒は、カキやアサリ、シジミなどの二枚貝によるものが多く、カキを生食する機会は冬場が圧倒的です。

 

大人がノロウイルスに感染する原因は、生牡蠣などの二枚貝から感染するケースが多く、子供の嘔吐物などに接触した手などを介して経口感染する場合も少なくありません。

 

ノロウイルスは熱に強い耐性をもつウイルスで、加熱が不十分なまま二枚貝を食すると、ノロウイルスが体内に侵入して胃腸内の細胞の中で増殖します。

 

ただ近年、ノロウイルスの原因食材が牡蠣と特定される割合は低下していて、最近では牡蠣以外の食材、もしくは感染性胃腸炎が原因であることが多くなっています。

 

ノロウイルスの原因や除菌方法、代表的な除菌スプレーをトップページで紹介中!

ノロウイルス除菌

↑詳しくはこちらをクリック↑