ノロウイルスの症状

MENU

ノロウイルスの症状について

ノロウイルスの症状は、乳幼児や小学生の子供がなった場合、嘔吐、下痢症状が出ます。食欲も低下します。食事は無理して摂取することはないのですが、水分補給はしっかり摂り、脱水症状を起こさないように気をつけないといけません。

 

ノロウイルスの症状は、初期症状としまず微熱が出ます。その後、吐き気や嘔吐、腹痛の症状が出てきます。

 

ノロウイルスの主な症状は、吐き気、嘔吐、発熱、腹痛、下痢などで、発熱症状の多くは初期段階で出ます。

 

熱は38度以下の微熱が大半ですが、熱の発症と同時に腹痛症状がよく起こります。チクチクする痛みは、定期的に訪れます。

 

大人がノロウイルスに感染すると、その症状として、子供と同様、微熱や嘔吐、下痢、腹痛などの症状をもたらすのですが、大人が嘔吐、下痢症状を発症すると、短期的にとても強い症状を示すという特徴があります。

 

大人は子供よりも体力が強いので、1~3日程度で症状は回復するのですが、短期的に回復するがゆえ、体感的には大人の方がきつく感じる傾向にあります。

 

ノロウイルスの症状は、突発的に起こることが多く、夜に床についた時、突然腹の底からこみ上げてくるような感触と吐き気を催すことがよくあります。

 

ノロウイルスの原因や除菌方法、代表的な除菌スプレーをトップページで紹介中!

ノロウイルス除菌

↑詳しくはこちらをクリック↑